SEVEN PROMOTION

SEVEN PROMOTION

斉藤百花のSDGsアクションを更新しました


①水を出しっぱなしにしない
これは、簡単なSDGsの取り組みでもあり、水道代節約にもなる節水テクニックは水道の蛇口をこまめに止めることです。水はいくらでもあるからなどと考えてはいけません。
蛇口から流れる水は思ったより量が多く、毎分11~13リットルの水が排水口に吸い込まれていきます。水道をこまめに止めるようにすれば1世帯で年間約75,000リットルもの水が節約できます。

②「リサイクルボックス」の利用
一人ひとりが資源を大事に使うためのキーワードが『4R』です。
リデュース▶️使わないで減らす
リユース▶️捨てずに繰り返し使う
リサイクル▶️資源を再利用して新たな製品をつくる
リフューズ▶️不要なものを拒否してごみを減らす

③マイ箸・マイバック・マイ水筒を持ってでかける
この取り組みは「プラゴミの削減」につながります。
なぜペットボトルを減らすことでSDGsになるのか。
レジ袋やペットボトルなどプラスチックごみが雨や風によって河川に運ばれて最終的に海に流れ着きます。
紫外線や波の力でプラスチックがこわれてマイクロプラスチックとなり、魚などの生き物がエサと間違えて食べてしまいます。
なんとマイクロプラスチックは5ミリ以下!
そして有害物質が蓄積している魚を人間が食べると有害物質が体内に入る可能性も。
毎年800万トンも流れ出ています。(東京ドーム約7個分!)